プレスリリースPress Release

【調査】Facebookユーザー500名を対象にショッピングに関する実態調査

ビルコム株式会社は、2011年8月11日(木)~15日(月)にかけて、Facebookユーザー500名を対象にショッピングに関する実態調査を実施しました。

Facebookユーザーのショッピングに関する実態調査

■Facebookはコマースの可能性を秘めたプラットフォーム

  • ・「友達のお薦め商品をFacebookで買ってみたい」80.0%

「友達がFacebookに投稿したオススメのモノやサービスが、Facebook上で買えたら、買ってみてもいいと思いますか」との質問で、「いいモノであれば、買ってみたい」「いいモノであれば、どちらかと言えば買ってみたい」と答えた人は、合計で80.0%に上った。

■Facebook上の口コミを信用する理由は「Facebookの実名登録制」と「嗜好性の一致」

  • ・商品購入時、Facebookの口コミを信用する人は76.2%
  • ・口コミサイトの口コミを信用する人は67.8%
  • ・ECサイトの口コミを信用する人は64.8%
  • ・Facebookの口コミ情報を信用する理由は「実名登録制」60.6%
  • ・「嗜好性が似ている友達の口コミ」だから 45.1%

「あなたがモノやサービスの情報をチェックしたり、購入する際、口コミ情報はどの程度信用するか」との質問で「Facebook上の口コミ情報」を「とても信用する」「まあまあ信用する」と答えた人は、合計で76.2%と「リアルな口コミ」に次ぐ信用度の高さとなった。一方、「口コミサイトの口コミ」は67.8%、「ECサイトの口コミ情報」は64.8%との結果になった。「Facebook上の口コミ情報」を信用する理由として、「Facebookの実名登録制」を挙げた人は、60.6%、「嗜好性が似ている友達の口コミを、参考にすることができるから」が45.1%に上った。

■16.0%のユーザーが、Facebookの投稿を見て購買経験有

友達のFacebook投稿がきっかけで、起こしたアクションとして、「情報をもとに、買い物をした」ことがある人は16.0%、「情報をもとに、実際の店舗に行った」ことがある人は10.6%に上った。


  • ■調査目的:
    「Facebookユーザーのショッピングに関する実態調査」は、Facebookの日本における利用実態を調査しています。今回の調査は、企業の販売促進部、宣伝・マーケティング部の方を対象に、Facebookを活用した効果的な販促活動・マーケティングコミュニケーションを支援することを目的として実施しています。
  • ■調査方法:インターネット調査
  • ■調査対象:日本在住のFacebookユーザー
    (スクリーニング調査:5,263名よりサンプルを抽出)
  • ○性別:男性、女性
  • ○年齢:20代~40代
  • ○職業:マスコミ・広告・宣伝・マーケティング従事者を除く
  • ○Facebookの利用頻度:1日に1回以上
  • ○地域:全国
  • ■サンプル数:500名
  • ■調査期間:2011年8月11日(木)~15日(月)


<プレスリリース>「Facebookユーザーのショッピングに関する実態調査」

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00

個人情報保護方針   個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ