PRブログPR Blog

【注目企業のPR術を学ぶ】個のインフルエンス力によって、カネもヒトも集まる時代 インタビュー:Wantedly CEO仲暁子さん (後編) 

公開日:2013年7月1日   カテゴリ:

前編に続き、後編ではユーザー、採用担当者らとの関係性を築くために、ソーシャルメディアをどのように利用しているのか。その辺りを尋ねました。

個のインフルエンス力が持つポテンシャルはますます大きく

―ソーシャルメディアをどのように活用しているか?

Blog_wantedly_blogtopのサムネール画像

「まず、ブログでは3タイプに分けて発信しています。①ユーザー向け(WANTEDLY航海日誌)、②採用担当者向け(WANTEDLY道場) 、③開発者向け(WANTEDLY開発メガホン)の3つです。WANTEDLY航海日誌は私が書いているものですが、会社の理念や思いなどを発信していて、基本的には書きたいこと書いてます。だから、書きたい気持ちが貯まらないときは、しばらく更新がなかったりします笑」

Blog_wantedly_facebook

「Facebookの活用は個人アカウントとサービスアカウントを合わせると15,000名を超える規模感です。以前、Facebookにいたことや、 Facebookマーケティングの支援を経験していたこともあって、自然に使っていたというのが実際のところ。ただ、データとかあまり気にしてなかった笑 最近では、データを扱うことが得意なメンバーが色々と分析してくれて、写真の使い方を改善するなど始めました。今後は、ユーザー向け、採用広報担当者向けにメッセージや情報を分けて運用していきたいです。」

―ソーシャルメディアの影響力についてはどう感じますか?

「私個人でもフォロー頂いている数が増えていく中で感じることは、一定規模を超えると精神的にタフになるだろうなって思います。 はあちゅうさんや、安藤美冬さんとかすごいなと思います。フォロワー数が数万人ともなれば、どうしてもネガティブな意見とかも出てくるでしょうし。それでも昔より、社会は民主的で、公平になっていると思うので、今後ますます個人のメディアが増えていき、影響力という点でもさらに重要になっていくと思います。

ちなみに、Wantedlyを見ていても、個人のインフルエンス力が貴重だということも感じます。中の人の影響力が強ければ、情報は拡散しやすくなり、人も集まっています。Campfireに出ているプロジェクトなんかを見ていても、インフルエンス力が強ければ、カネもヒトも集まっていますよね。」

さらなる飛躍へ、マーケティング組織強化が次なるテーマ

―今後、マーケティングにおいて取り組んでいきたいことは?

「テレビに出たいです!(特にWBSとNHK 笑) もっと多くの人にWantedlyを知ってもらいたいので。ただ、リレーションや時流を掴むことの重要さは認識しましたが、実際のところ、そこまで動ける時間がない汗 そんなこともあって、今後はマーケティング専門の方に入ってもらい、強化していく予定です。」

―貴重なお話ありがとうございました。さらなる飛躍を期待しています!

―編集後記

実のところ、今回インタビューした仲さんとは大学時代からの友人で、これまでのプロセスも見てきた中で、パワフルに活躍する彼女に刺激を受けてきました。この企画を行うにあたって、記念すべき第1回は、仲さんしかいない!と思って、立ち上げたばかりのメディアにも関わらず、インタビューさせてもらいました。

ビルコムではCreating Shared Value(共有価値創造)を意識したマーケティングに注目していますが、Wantedlyはまさにそれを体現しているサービスだと改めて感じました。仕事や働き方への価値観が変化する中、求職者、企業の架け橋となっていくことを期待せずには入られません。

(書き手 田中幸司 @bigpersonjp

【注目企業のPR術を学ぶ】本企画は、若手起業家によるスタートアップ企業が注目される中、スタートアップ企業やベンチャー企業がどのようなマーケティング活動をしているのかに焦点を当てます。一般的にリソースが少ないと言われる企業が多い中で、活かせるヒントを得ることを狙いとしています。

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00

個人情報保護方針   個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ