PRブログPR Blog

視聴者に嫌悪感を抱かれる動画広告配信の終わり!?これからどうなる?

公開日:2016年5月18日   カテゴリ:

4月に発売を開始した動画の記事型広告コンテンツ配信サービス「VIDEO PRESS」は、日経産業新聞はじめ多数のメディアに取り上げられ大きな反響をいただいています。本サービスの提供に際し業務提携をした株式会社オムニバス山本社長をお招きし、動画広告市場において最新事例となる良質な動画広告メニューの発表をセミナー形式で行いました。


160329_seminar (1).JPG

今までの動画広告?


スキップするのは当たり前?強制視聴?とまで報道されることのある動画広告。スマートフォンの爆発的な普及を背景に動画の閲覧機会が増していますが、動画広告の良質なアプローチは未開拓でした。動画関連のテクノロジーが進化し動画広告のハードルやコストが下がり広がりを見せてきた今、視聴者に嫌悪感を抱かれない良質な動画広告メニューが誕生しました。 セミナーでは、国内初の動画コンテンツマーケットプレイスを開発したオムニバス山本社長と、そのテクノロジーを活用し記事型広告コンテンツ配信サービス「VIDEO PRESS」を提供開始した弊社の代表取締役兼CEO太田滋が最新事例を交えて講演しました。


160210_Blog_seminarreport.jpg

優良な動画の記事型広告コンテンツ配信サービス


優良な動画広告配信のポイントは、
・読まれる記事と合わせて動画をストーリー立てて配信すること
・優良なメディアへ一斉配信できること
・「熟読率」「完視聴率」の両方で効果測定できること
上記3点を、事例を交えて具体的に紹介しました。

セミナーに参加された方から、
「広告メニューの魅力が分かりやすく勉強になりました」
「具体的な事例があり、分かりやすかったです」
などの感想をいただき、

「動画のPDCAに活用していきたい」
「動画から商品の販売、認知度アップを効率よくするのに参考になりそうです」
といった声もいただきました。


動画の記事型広告コンテンツ配信サービス「VIDEO PRESS」


「VIDEO PRESS」は、お客様の動画コンテンツを「VIDEO PRESS」のマーケットプレイスにて流通させることで動画を記事型の広告コンテンツとして紹介するため、広く、深く、ターゲットの潜在層にまで動画を視聴いただけます。個別のご相談も随時受け付け中です。



関連リンク:
「VIDEO PRESS」

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00

個人情報保護方針   個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ