PRブログPR Blog

テレビ離れが進んでも、テレビPRが必要な理由

公開日:2018年9月13日   カテゴリ:


弊社が開催している無料セミナーで、特に人気のテーマが「テレビPR」。参加された方からも、「全体像が把握できて今後の参考になった」「具体的な内容で勉強になった」などのお声をいただいています。

そこで今回は、テレビPRのセミナーでご紹介しているコンテンツを、一部内容を変えて公開いたします!また、「テレビPR実践入門~テレビPRに必要なたった5つのポイント~」と題し、さらに具体的なPR方法を無料公開いたしました。こちらもぜひご覧ください。



shiryo.jpg



進む生活者のデジタルシフト

「テレビ離れが進んでいる」― そんなことが叫ばれ始め、どれくらい経ったでしょうか。スマートフォンが市民権を得てから、テレビを取り巻く環境は大きく変わりました。

かつて「娯楽の王様」と言われていたテレビも、今では毎日視聴する人は減り、代わりにインターネットへの接触がぐっと増えました。(※NHK放送文化研究所「日本人とテレビ 2015」より)




01tv_sessyoku.JPG
02internet_sessyoku.JPG

生活者のデジタルシフトが進み、マス広告がリーチしない層が増加。それを証明するかのように、マス4媒体への広告出稿量は3年連続で減少しており(※電通「2017年 日本の広告費」より)、企業がマスメディアの広告だけを頼りにする時代ではなくなってきたことがうかがえます。



shiryo.jpg



テレビ離れは進んでも、未だ影響力は衰えない

生活者のテレビ離れは確かに進んでいるかもしれません。しかし、それでもテレビは間違いなく、マスメディアとして大きな影響力を持ち続けています。

2017年にデロイトトーマツコンサルティングが行った調査によると、ニュース・情報を取得する際に利用するメディアは、10~70代のいずれの世代でもテレビ(ニュース番組)がトップとなりました。(※デロイトトーマツ「デジタルメディア利用実態調査 2017―日本編―」より)

05dejitalmedia.JPG
どれだけインターネットが普及しても、スマホが生活に根付いても、テレビは多くの方へ情報を届けるのにこの上ないメディアなのです。



テレビ番組に取り上げられるために必要なこととは?

掲載されれば大きなインパクトを与えることができるテレビ番組ですが、掲載されるためにはテレビ番組ならではのルールなどを知る必要があります。

ビルコムにはテレビ番組で多数の掲載実績がございます。今回は実績から培ったエッセンスの一部を無料公開いたしました。PR活動の参考にぜひご活用ください。

また、「テレビPRに取り組んでみたい」「実践はしているがなかなか成果が出ない」など、テレビPRでお悩みをお持ちの企業様はぜひお気軽にお問い合わせください。




shiryo.jpg

180619_お問い合わせはこちら_final.png

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00