PR無料セミナーPR Seminar

<元MJ編集長・日経POS共同セミナー> PRで売上やブランドを伸ばした商品とは

日時:2018年2月19日(月)14:00-16:20  場所:日経・大手町セミナールーム2B [地図]


この度、日本経済新聞社と、共同セミナー「PRで売上やブランドを伸ばした商品とは」を開催いたします。

2017年も、年末に日経MJ目玉企画の「日経MJヒット商品番付」が発表されました。
ヒット商品としては「うんこ漢字ドリル」や「ハンドスピナー」がうまれ、新しいテクノロジーとしては「AIスピーカー」「VR施設」が注目された年でもありました。

今回のセミナーでは、最近の消費動向から、ヒット商品を生み出すための条件、その戦略の仕掛け方について語っていただくなど、皆さまの2018年の戦略とマーケティングにお役にたつ内容を紹介いたします。

人数限定のセミナーになります。
ご参加希望の方は、下記よりお早めにお申込みくださいませ。

 
セミナーテーマPRで売上やブランドを伸ばした商品とは
日時 2月19日(月) 14:00-16:20 [13:45~受付開始]
場所 日経・大手町セミナールーム2B
(東京都千代田区大手町1−3−7 日経ビル)
タイムテーブル
13:45 受付開始

14:00-14:50 「元MJ編集長が語る、ヒット商品の条件とは」

講師:三宅 耕二 氏
日本経済新聞社 デジタル事業 広告・IDユニット長
三宅_顔写真.png
1985年、早稲田大学政経卒、日本経済新聞社入社。編集局大阪社会部、産業部、流通経済部などを経て2011年日経MJ編集長。京都支社長、顧客サービス本部長を務め、17年4月から現職。マーケティングの専門紙「日経MJ」の編集に約15年携わる。著書に「ダイエー落城」(共著、日経出版)

14:50-15:00 休憩

15:00-15:40 ~価格を上げても売上を伸ばした老舗ブランドの事例から学ぶ~
「ロングセラーヒットを可能にする、売上につながる戦略PR」


講師:長沢 美香
ビルコム株式会社 第1IMC局 局長
bilcom_1954.jpg
消費財メーカー系のクライアントを中心にPRコンサルティングを実施。 第1IMC局を統括し、各クライアントにおけるPRコミュニケーションの品質管理に従事。 直近の実績として、大塚食品ボンカレーのIMCプロジェクト統括、ECサイトサービスのIMCプロジェクト統括を務め、コンサルタントとして活躍。

15:40-16:20 日経POSデータで読み解く伸びる市場

講師:山崎 兼広 氏
日本経済新聞社 デジタル事業 BtoBユニット
データ事業グループ 営業担当次長
山崎_顔写真.jpg
日経POS情報サービスの開発やデータ分析に携わりながら、ヒット商品や市場動向に関する執筆や講演も手がける。現在は、日経MJの「レシートデータを読む」に執筆中。

16:20 終了
定員 35社限定
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加費用 無料
お問い合わせ ビルコム株式会社 
マーケティング・広報Div.担当:井出
TEL:03-5413-2411 FAX:03-5413-2412 MAIL: mktpr@bil.jp

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00