プレスリリースPress Release

【サービス】国内初のクラウド型PR効果測定ツール『PR Analyzer』を提供開始

デジタルPRを支援するビルコム株式会社(本社:東京都港区 代表取締役兼CEO:太田滋)は、企業の広報部向けに12月21日よりクラウド型PR効果測定ツール『PR Analyzer』の提供を開始します。2017年末までに100社の導入を目指します。 料金は月額10万円からで、期間は1ヶ月から契約可能です。また、30日間無料でお試しいただけます。


これまでの広報・パブリシティの効果測定は、以下の二つが中心でした。
 1.掲載数
 2.広告換算費

クラウド型PR効果測定ツール『PRAnalyzer』は、人工知能(AI)・自然言語処理を用いて、7つの項目でPR活動の成果を多角的に測定します。
 1. 媒体別掲載数 2. 広告換算費 3. 重点媒体登録
 4. 論調分析 5. Web記事のSNS波及 6. 内容分類 7. 時系列比較

上記作業をすべて自動化し、企業の広報部ご担当者の業務の効率化を図ります。
これにより、企業の広報部ご担当者が『PR Analyzer』を使うことで、本来人手をかけてやるべき PR戦略の立案や、メディアリレーション構築などに集中できます。

【サービス概要】
サービス名   :クラウド型PR効果測定ツール『PR Analyzer』(ピーアール アナライザー)
サービス内容  :テレビ、新聞、雑誌、Webメディアの全媒体を網羅し、掲載記事をクラウド上で管理・分析し、PR戦略・企画立案に生かすことができる効果測定ツールです。
サービスURL  :https://www.pranalyzer.jp/
画像ダウンロードはコチラ



■プレスリリース
■日経産業新聞掲載記事

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00

個人情報保護方針   個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ