PRブログPR Blog

【まとめ】ad:tech tokyo「ジェネレーションZのソーシャル上での行動を理解する」セッションまとめ

公開日:2017年10月18日   カテゴリ:

アジア最大級のマーケティングイベント、ad:tech tokyoが今年も10月17日(火)・18日(水)の2日間にわたり行われました。
2日目に行われたセッション「ジェネレーションZのソーシャル上での行動を理解する」では、当社代表の太田がモデレーターを務めました。

今回のブログでは、セッションで話された内容をお届けします!


セッションの登壇者は、マンダムでGATSBYのマーケティングを担当されている吉田隆史さん、電通総研 メディアイノベーション研究部の天野彬さん、サイバーエージェントでデジタル・クリエイティブ・ディレクターをされている中橋敦さん、そしてモデレーターの当社代表太田、という4名です。

adtech2.jpeg

ジェネレーションZとは?

ジェネレーションZとは、ミレニアル世代(1980年代~90年代半ば生まれ)の後に続く世代を定義した言葉です。



ジェネレーションZが、マーケティング上重要な理由

各登壇者の方に、ジェネレーションZがなぜマーケティング上重要なのかご意見を伺いました。

 

マンダムでは、ライフタイムバリューの観点から、若い世代=ジェネレーションZを重要と考えているとのこと。

電通総研天野さん、サイバーエージェント中橋さんは、ジェネレーションZに受け入れられるマーケティングはこの先の時代の流れを先取りしている、と考えるため、若年層を重視しているそうです。



ジェネレーションZにテレビCMは効くのか?

若者がテレビを見ない、と盛んに言われていますが、マーケティング手法としてのテレビCMは若者世代に対しても効果があるのでしょうか。

小売店を通して商品を販売するメーカーの場合、流通対策としての役割が大きいようです。 以前はテレビCMが唯一にして最大のマーケティング手法でしたが、現在では「数ある手法の中のひとつ」として考えられています。


「クリシェ」って何?ハッシュタグの使われ方3分類

電通総研 天野さんによると、ジェネレーションZのソーシャルメディア上でのハッシュタグの使い方は大きく3つに分類できるといいます。


クリシェ、とはフランス語で「常套句、決まり文句」を指す言葉です。 クリシェの例には、他にも、#instagood #like4like #お洒落さんと繋がりたい などが存在します。 内容とは特に関係ないものの、他のユーザーとつながったり、likeやフォロワーを増やしたいときに使われるこうしたハッシュタグは、みなさんもInstagramを使われている際によく目にするのではないでしょうか。


バズの発端がわからないのが最新型情報伝播モデル!?

Instagramなど、ビジュアルコミュニケーション型のソーシャルメディア普及に伴い、情報伝播の構造も変わっています。電通総研の天野さんによると、現在、情報は"シミュラークル型"で伝播していくといいます。



若年層にウケるのは、「ライブ」で「リアル」なコンテンツ

インターネット以前、テレビに代表されるように、コンテンツは「流れていくもの」であることが普通でしたが、インターネット登場後、コンテンツは「ストック」できるようになりましたが、 現在、特に若年層には、再びフローなコンテンツが受け入れられています。


例えばInstagramのストーリーズのように、「今しか見られない」ライブ感がかえって新鮮に映っており、その背景には、「情報過多で、ストックされている情報を見きれない」という状況があります。

サイバーエージェント 中橋さんによると、Abema TVで特に若年層に人気のある番組は「ライブ感」があったり「リアル」なものだそうです。 例えば、高校生の恋愛リアリティーショー「真夏のオオカミくんには騙されない」などが人気コンテンツとなっています。


 

ジェネレーションZにとっての「リアル」とは、情報発信者と受け手の間に情報格差のない「フラット」な状態であることを意味します。電通総研の天野さんによると、「同じ情報をシェアしているような感覚」が重要だといいます。  


また、デジタルとフィジカルの境目がないのも、ジェネレーションZの特徴のひとつ。プロモーションにおいては、イベントなど体験機会を提供し、その様子をコンテンツ化する、普段は見られない裏側を見せる、などは若者世代に響きやすいコミュニケーション手法だといえます。


 本日のセッションの模様は、togetterでもまとめています。よろしければご覧ください。 https://togetter.com/li/1162269

 ジェネレーションZをはじめとする若者へのマーケティングのご相談は、こちらまでご連絡ください! https://www.bil.jp/inquiries/contact/

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00

個人情報保護方針   個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ