PR事例・実績Our Result

「クノールふんわりたまごスープ」リニューアル時の戦略PR

味の素株式会社

soup_hp.jpgのサムネール画像

課題

  • 商品リニューアル訴求による購買意欲喚起をするPR要素の少なさ

活動概要

フリーズドライの「クノールふんわりたまごスープ」のリニューアルタイミングで、商品PRを実施。そのままリニューアルポイントを訴求しても"ニュースバリュー"としては低いため、リーマンショック後の節約時流とたまごかけごはんなど「楽メシ」と呼ばれるジャンルが話題を呼んでいたという社会文脈を取り入れ、スープを使った新しい食べ方「スープ飯」というコンセプトを開発。

味の素クノールという特定企業の商品ではなく、「スープ飯」という食べ方をキーワードとしたことで、メディアに取り上げられやすい状況ができ、「スープ飯」の代表格として、クノールのふんわりたまごスープが紹介されるスキームを創造することに成功。

成果

「スープ飯」というコンセプトを作り出すことで、新しい食べ方を啓蒙することに成功。結果的に売上げアップにも貢献。

  • 広告費換算/179,680,000円
  • 売上/09年上期 販売実績110%(前期比)
  • 代表的なメディア掲載:ヤフートピックス、日経トレンディネット、MSN産経ニュース

ソリューション

  • アンケート調査を元にしたコンセプト設計
  • 料理系メディア、料理店とのタイアップ

成功のポイント

  • 商品を直接訴求するのではなく、新しい食事スタイル(カテゴリ)を設定することでメディアに取り上げられやすい状況を創出
  • 企業寄りではなく一般化されたコンセプトを開発したことで、インフルエンサーの協力を獲得

<関連するPR事例>

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00

個人情報保護方針   個人情報の取り扱いについて

ページの先頭へ