ABOUT
企業情報

データを活用した次世代PRエージェンシー

ビルコムは2003年に創業して以来、数多くの新しいPRソリューションを生み出し、幅広いクライアント様に提供してまいりました。この十数年の中で生活者を取り巻くメディア環境は大きく変化し、PRが網羅するメディアはマスメディアだけでなく、ソーシャルメディアやオウンドメディアなど多岐にわたります。こうした変化に対応し、クライアント様の価値を正しく届けるための次世代PRソリューションを、私たちは日々考案しています。

複雑化するメディアを通じたコミュニケーションの設計には、データの活用も欠かせません。ビルコムでは、PR効果測定ツール「PR Analyzer®」をはじめとして、独自に開発した複数のPR Tech®ソフトウェアを活用して、これまで不透明・不確実・非効率といわれていたPR業務のプロセスと成果を可視化し、より時代に合ったPR戦略の計画と実行を支援しています。

市場創造と評判形成が重要な社会

デジタル時代におけるPRの役割は、「市場創造」と「評判形成」の二つに大別されます。市場創造は、コモディティ化した成熟市場において、新たな価値を示し、生活者の需要を喚起させることです。評判形成は、社会課題を踏まえて、企業のモノ・コト・ココロをステークホルダーへ伝え、世論を味方にしていくことです。私たちは、データを活用した次世代PRソリューションで、お客様の市場創造と評判形成をマスメディア、ソーシャルメディア、オウンドメディアを多面的に活用して支援いたします。

当社はクライアント様に「長期的な真のパートナー」になることをお約束しています。受発注の請負関係ではなく、真の課題を発見し、経営に貢献するパートナーとして、長期的にコミュニケーション全般を支援してまいります。ビルコムの社名の由来であるBuilding Communications(新しいコミュニケーションを生み出すこと)を礎とし、新たな時代に沿った新たな価値を提供するべく全社一丸となって貢献してまいります。今後ともご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役兼CEO
太田滋

ABOUT会社情報

ビルコムについてもっと知る