CASES
事例

  • TOP
  • 事例
  • 杏林製薬の統合型広告施策 — せき止め薬の認知獲得と営業販売支援に貢献
クライアント
杏林製薬株式会社
業種
メーカー(素材・食品・医薬品・化粧品)
URL
https://www.coolone.jp/product/sekigxeki.html
ご利用ソリューション
  • 認知向上ソリューション
ターゲット
30-50代の忙しいビジネスパーソン

杏林製薬の統合型広告施策 — せき止め薬の認知獲得と営業販売支援に貢献

課題

『クールワン®せき止めGX液』は、杏林製薬から発売されているせき止め薬です。「激しいせきが出るが、なかなか病院に行く時間をつくれない」という忙しいビジネスパーソンをターゲットとしています。せき止め薬には競合が多く、「せき止め薬=クールワン®」という想起をターゲットに喚起しきれていないことが課題でした。

活動概要

ビルコムは、OOHやSNSなどの広告を組み合わせ、統合的なコミュニケーションでプロダクトPRを行いました。

商品認知を高めるタレントのキャスティング

イメージキャラクターには、タレント・バイきんぐを3期連続で起用しました。「バイきんぐ=せき=クールワン」を浸透させ、「せきの薬=クールワン」という第一早期を醸成させることが目的です。

伝えたいメッセージを強調するクリエイティブ制作

本年も前年に引き続き、バイきんぐ・小峠氏のツッコミ台詞をベースにしたキーメッセージ「なんて咳だ!」を軸に、各種施策を実施しました。

前年はクールワン®の使用シチュエーションを想起させるキーワードを多く盛り込んだクリエイティブで実施しましたが、本年は最も伝えたい「なんて咳だ!にクールワン®」に注目が集まるようクリエイティブをシンプル化しました。

ターゲットと親和性の高い媒体を活用した広告コミュニケーション

前年まではOOH広告のみの実施でしたが、本年はターゲットとのタッチポイントを増やすため、オンライン広告でも広告配信を行いました。

まず、情報に過敏なSNSユーザーへアプローチし、口コミを誘引するためTwitter上でバイきんぐのオリジナルコントのライブ配信を実施。商品にちなんだコントで、SNSユーザーの興味関心を高めました。

また、YouTubeでキーメッセージを伝える印象的な広告を数か月間にわたり展開する一方で、アドネットワークを活用した広告配信も実施しています。

オフライン広告は、東京モノレールでジャック広告を展開。ターゲット層である忙しいビジネスパーソンが、飛行機での出張に多く利用する路線ということで、東京モノレールを選定しました。




戦略ポイント

ターゲットと親和性の高い媒体選定

ターゲットである忙しいビジネスパーソンが多く利用する路線を採用

メッセージをシンプル化したクリエイティブ

最も伝えたいメッセージに注目が集まるよう、クリエイティブをディレクション

 

成果

広告接触者の認知・好意度・購入意向・購入ともに態度変容に成功

・交通広告(東京モノレールジャック):接触者の商品購入率57% 非接触者は10%

・Web動画広告:接触者の商品購入率62% 非接触者は10%

実施施策

・PR戦略の立案

・メディアプランニング

・WebCMの企画、制作

・広告レポート

 

お客様の声

限られた予算でコアターゲットに最も効果的な広告方法を考えていただきました。購入者の、広告認知度・理解度が高まったことで購入意向が高まったと思っております。

 

CASES事例

事例をもっと見る

数多くの成功事例と、お客様の評価こそが、わたしたちの実力の証明です