SEMINAR
セミナー情報

  • TOP
  • セミナー情報
  • 【JX通信社・ビルコム共催】テクノロジーで広報業務を変える2社が語る、 2021年変化し始める「広報」と「危機管理」の在り方
  • 募集終了
  • 参加無料

【JX通信社・ビルコム共催】テクノロジーで広報業務を変える2社が語る、 2021年変化し始める「広報」と「危機管理」の在り方


開催:
2021年1月29日(金)17:00-18:00 
会場:
WEB参加のみ

セミナー開催背景

2020年は新型コロナウイルス感染拡大を受け「ニューノーマル」とも言われる生活スタイルが広がりました。

これにより広報部門も「オンラインに対応した広報戦略・手法」「広報業務のDX」など、大きな変化にさらされています。

こうした変化に対応するための、広報におけるテクノロジーの活用も進んでいます。
本ウェビナーでは、テクノロジーの力で広報業務の高度化を目指す2社が、2021年のPR戦略や危機管理のあり方についてお話します。

セミナー概要

<講演内容>

掲載データから考える、今期あるべき広報戦略の改善とは?
(ビルコム 早川くらら)

外部環境の変化が多い広報部門こそ、自社や競合の掲載データをもとに、PR戦略を柔軟に見直すことが必要です。その手法についてご紹介するとともに、2021年に求められるPR戦略のヒントをお伝えします。

バズも炎上も原因は“SNS”じゃない!深い「人間理解」こそ重要
(JX通信社 松本健太郎)

2010年代後半はSNSの浸透による「炎上」に心が痛み、「バズ」で心救われた広報担当は多いでしょう。危機管理の一環として炎上対策にリソースを集中した企業様も多いのではないでしょうか。しかしこの数年、明らかに”新種”とも言うべき「炎上事案」が発生しています。事例を踏まえて広報業務や危機管理のあり方についてお話します。

タイムテーブル

日程 1月29日(金)17:00-18:00(オンライン開催)
講師


ビルコム株式会社 取締役 早川くらら

PRコンサルタントとして、BtoBからBtoCまで幅広い企業の広報・PRの戦略立案から実行までをディレクション後、取締役に就任。
エージェンシー事業の管掌役員として大手からスタートアップまで幅広い企業の広報戦略を統括。広報・PR効果測定ツール「PR Analyzer(R)」を活用した、データに基づいたPR戦略の立案や改善手法について提唱する。 

JX通信社 社長室 松本健太郎

デジタルマーケティング支援企業、消費者インサイトコンサルティング会社を経てJX通信社へ。B2B、B2C問わず、様々な業種・業界の分析業務を担当。
日経ビジネスオンライン、ITmedia、週刊東洋経済など各種媒体にAI・データサイエンス・マーケティングに関する記事を執筆、テレビ番組の出演も多数。著書に『誤解だらけの人工知能』『なぜ「つい買ってしまう」のか』(光文社新書)、 『データサイエンス「超」入門』『人は悪魔に熱狂する 悪と欲望の行動経済学』(毎日新聞出版)など。

セミナー詳細

17:00~17:25 

掲載データから考える、今期あるべき広報戦略の改善とは?
ビルコム 早川くらら

 

17:25~17:50

バズも炎上も原因は“SNS”じゃない!深い「人間理解」こそ重要
JX通信社 松本健太郎

 

17:50~18:00 

クロージング

   
注意点 ・本セミナーはビデオ会議ツール「zoom」を使用します。受講URLや接続方法は申込後にお送りいたします。
・競合企業のご参加はお断りさせていただいております。
参加費用 無料
お問い合わせ ビルコム株式会社 
セミナー運営事務局
MAIL:mktpr@bil.jp

 

 

【JX通信社・ビルコム共催】テクノロジーで広報業務を変える2社が語る、 2021年変化し始める「広報」と「危機管理」の在り方

開催 : 2021年1月29日(金)17:00-18:00 
会場 : WEB参加のみ

無料メルマガ配信中

ビルコムからの最新情報やセミナー情報などをお届けします。

会社名

お名前(姓)

お名前(名)

メールアドレス

SEMINARセミナー情報

すべてのセミナー一覧

現在募集中のセミナー

マーケティング・広報ご担当者向けに無料セミナーを開催しています。ビルコムの最新ノウハウをお届けします。