PR BLOG
PRブログ

  • TOP
  • PRブログ
  • 広報のお悩み1位「効果測定」を解決する3つの視点~「企業広報の入門講座」レポート~
  • 2019年03月01日
  • セミナーレポート

広報のお悩み1位「効果測定」を解決する3つの視点~「企業広報の入門講座」レポート~

2019年2月26日、経済広報センターが主催する「企業広報の入門講座」にて、当社が講師を務めさせていただきました。「広報の効果測定」をテーマにした本講座には100名以上の申込みを頂き、テーマへの関心の高さがうかがえました。

 

※ビルコムでは「効果測定ハンドブック」などの資料配布やセミナー等で、効果測定の基本的な考え方や手法について発信しています

広報部門のお悩み1位は「効果測定」。その難しさとは?

『第12回企業の広報活動に関する意識実態調査報告書』(経済広報センター調べ、2015)によると、広報部門としての日頃の悩みは「広報活動の効果測定が難しい」がダントツ1位の約73%でした。本調査時期から、3年ほど経過していることを考えると、この割合はより高まっているのではないかと思います。


出典:経済広報センター『第12回企業の広報活動に関する意識実態調査報告書』2015年 

 

効果測定指標を考えるための3つの視点

セミナー内では「効果測定指標を考えるための3つの視点」と「4つの効果測定フェーズ」を軸に、企業やブランドごとに合わせた指標(KPI)へ落とし込むフレームワークについてご紹介しました。

日々どんな広報活動を行っていけばいいかを考えるには、まず広報部門のミッションを改めて振り返ります。

広報活動が、どのように経営や事業に貢献しているのかを示す指標が「アウトカム」です。そのアウトカムへの貢献に向けて、アウトプットやアクションの活動を定め、それを可視化・検証するための指標を定めていきます。

広報・PR部門においてはメディアへの掲載数や広告換算費などの「アウトプット」が重視されることが多いですが、最近はブランド認知率や資料請求数のような「アウトカム」への貢献が求められることも増えています。また、3つの視点から成果を可視化することは、活動の改善点を洗い出す意味でも効果的です。 

とはいえ、広報活動を始めたばかりのフェーズの場合、いきなり「アウトカム」への貢献が難しいなどの場合もあります。

広報活動自体のフェーズに応じて、効果測定指標も見直し、変化していくべきということもお話しました。

効果測定の策定手法についてもっと知りたいという方に向け、基本的な考え方をまとめた資料を提供しております。

 

さらに詳しい内容を聴いてみたいという方はぜひお越しください。


効果測定は、広報部門の永遠の悩みではありますが、うまく使いこなすことで活動の改善につながります。

また、経営や他部署に対し広報がもたらす価値を示すことで、より幅広い広報活動も可能になります。

ビルコムでは、こうした各社のお悩みをもとに、複数指標を自動計測できる効果測定ツール「PR Analyzer」を提供しています。

設計や運用手法にお悩みの方は、ぜひお問合せください。

 

 

★この記事を読んだ方におすすめのコンテンツはこちら

1:コロナ禍の広報成果の振り返り、どうすべき?今こそ必要な効果測定とは

2:広報・PRのゴールとは?—経営戦略から逆算する広報のKPI設計

3:
広告脳とPR脳で効果を最大化、統合型PRが今こそ必要な理由

無料メルマガ配信中

ビルコムからの最新情報やセミナー情報などをお届けします。

会社名

お名前(姓)

お名前(名)

メールアドレス

PR BLOGPRブログ

PRブログ一覧

次に読みたいオススメ記事