PRブログPR Blog

広報のお悩み1位「効果測定」を解決する3つの視点~「企業広報の入門講座」レポート~

公開日:2019年3月1日   カテゴリ:

2019年2月26日、経済広報センターが主催する「企業広報の入門講座」にて、当社PR Tech局の千田が講師を務めさせていただきました。「広報の効果測定」をテーマにした本講座には100名以上の申込みを頂き、テーマへの関心の高さがうかがえました。


経済広報センターセミナー_講演中2.jpg

広報部門のお悩み1位は「効果測定」。その難しさとは?

『第12回企業の広報活動に関する意識実態調査報告書』(経済広報センター調べ、2015)によると、広報部門としての日頃の悩みは、「広報活動の効果測定が難しい」がダントツトップの約73%でした。本調査時期から、3年ほど経過していることを考えると、この割合はより高まっているのではないかと思います。


経済広報センター_広報部門の悩み.jpg 出典:経済広報センター『第12回企業の広報活動に関する意識実態調査報告書』2015年

効果測定指標を考えるための3つの視点

セミナー内では「効果測定指標を考えるための3つの視点」と「4つの効果測定フェーズ」を軸に、企業やブランドごとに合わせた指標(KPI)へ落とし込むフレームワークについてご紹介しました。

日々どんな広報活動を行っていけばいいかを考えるには、まず広報部門のミッション=アウトカムを策定することが必要です。それから、「アウトカム」→「アウトプット」→「アクション」へと効果測定の指標をブレイクダウンしていきます。これまで、広報・PR部門においてはメディアへの掲載数や広告換算費などの「アウトプット」が重視されることが多かったですが、最近はブランド認知率や資料請求数のような「アウトカム」への貢献が求められることも増えています。広報・PR部門がカバーする領域は拡大しており、この傾向は今後ますます重視されていくと思われます。


効果測定指標3つの観点.jpg
効果測定の4つのフェーズ.jpg

当社では広報・PRの効果測定に関するセミナーを定期的に開催しています。
さらに詳しい内容を聴いてみたいという方はぜひお越しください。 https://www.bil.jp/seminar/

また、広報効果測定に関するご相談や詳細説明を希望される方はお気軽にお問い合わせください。 https://www.pranalyzer.jp/

(筆者:ビルコム株式会社 田中幸司)

★直近公開した人気記事はこちら
1:当社取締役・早川のインタビュー記事を公開中です!
  はじめて広報・PR担当になった皆さまへ-新人広報が身につけたい5つのスキル

2:【最新版】Web媒体 公式ソーシャルメディアフォロワー数ランキング(2019年3月)

3:「令和」発表以降のPRを大解剖!メディア注目の2019年トピックスTOP5

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00