PRブログPR Blog

今年はどうなる?マーケ・PR担当者が2018年に最も注目したコト

公開日:2019年3月5日   カテゴリ:

ビルコムでは、マーケティングやPRに関するトレンドやお役立ち情報をブログで随時公開しています。今回は昨年末にビルコムのメールマガジンで配信し、大変好評だったブログランキングを公開いたします!2018年下半期に最も読まれたのは、きっと皆さまも一度は目にしたことがある"あの商品"に関する記事でした。2018年のPR事例の振り返り、また、広報活動の基本の再確認などにお役立ていただけますと幸いです。


marketing01.jpg

【1位】なぜ明治「ザ・チョコレート」は成功したのか?元日経MJ編集長が語る、ヒット商品の条件とは(2018年3月22日公開)

数々のヒット商品の変遷を見てきた、元『日経MJ』編集長・三宅耕二氏。「商品やサービスがインスタ映えすることを意識しすぎるのは本末転倒」と語る、そのこころは?これからの時代のマーケターに必要な視点が多くの読者に響き、第1位という結果になりました!


【2位】PR視点で見るカンヌライオンズ2018とインフルエンサーマーケの今後(2018年7月10日公開)

広告・マーケティング業界の大きなイベント、カンヌライオンズをPR視点で考察する毎年人気の記事です!カンヌで受賞する作品も、マーケティング・PRの基本は日本と変わりません。今回も弊社のクリエイティブディレクター・茅野が、「ファクトづくり」「生活者文脈の活用」など、日本でのPR活動にも活かせる注目ポイントをお伝えしています。


【3位】モノが売れない時代。ミレニアル世代の心をつかむ「コト・マーケティング」って?(2017年10月12日公開)

マーケティングのターゲットとして重要だといわれる「ミレニアル世代」。3位という順位からも、多くのマーケター・PR担当者がこの世代に注目していることがうかがえます。モデル・高山都さんなどをインフルエンサーとして起用した弊社のプロジェクトを例に、モノに執着しない彼らに有効なマーケティング手法を解説しています。


【4位】PRとは?広告との違いと最新の業界事情(2017年9月15日公開)

PRと広告の定義が曖昧になってきている時代背景もあり、2017年の公開から継続して読まれています。定期的に最新情報にアップデートしていますので、2017年に読まれた方もまた読んでみると新しい発見があるかもしれません。


【5位】【最新版】WEB媒体 公式SNSフォロワー数ランキング_2017年11月版(2017年12月4日公開)

SNSに関する情報はよく読まれる傾向にあります。媒体のフォロワー数は、情報拡散のリーチ数でもありますので、メディアの影響を測る際はここまで目を配るとよいでしょう。直近のランキングも作成し、近々公開したいと思います。乞うご期待くださいませ!


【6位】インフルエンサーマーケティングとは?やってはいけない5つのこと(2017年9月29日公開)

インフルエンサーマーケティングを活用したいというお客様は、年々増えています。この手法でで大切なのは、インフルエンサーの方とより良い関係を築くこと。やってはいけないこと、注意すべきことなど、ビルコムのインフルエンサーマーケティングチームの見解をまとめています。


【7位】「マツキヨ」の事例から学ぶ、既存市場の競争軸を変えるブランド戦略とは~生活者へのブランドイメージを浸透させるPR戦略~(2018年10月1日公開)

2018年9月に開催した、マツモトキヨシ様とのセミナーレポートです。「Japan Branding Awards 2018」でBest of the Best賞を受賞した「mtasukiyo」ブランドの取り組みの一部をご紹介いただいております!


【8位】急成長企業の広報担当が、広報PRの効果測定で考えていること レバレジーズ株式会社インタビュー(2018年7月4日公開)

PR効果測定ツール「PR Analyzer」を活用いただいているレバレジーズ様にインタビューいたしました。効果測定、クリッピングデータの運用を効率よく行うためのヒントが詰まっています。


【9位】カンヌライオンズ受賞作から学ぶ、「PRファースト」の考え方とは?(2017年9月21日公開)

第2位の記事とあわせてご覧いただく方が多いようで、2017年のカンヌライオンズの考察もランクインしました。海外のユーモア溢れる事例は、いま見返しても学びになる視点が非常に多いです。


【10位】メディア露出だけが広報じゃない。次世代広報のあり方とは?(2017年10月27日公開)

SanSanコネクタ日比谷尚武氏と、「タスカジ」「ビザスク」 広報責任者 平田麻莉氏をお招きしたセミナーレポートです。広報として第一線で活躍されているお二人が考える、広報活動の基本、これからの広報に必要なことをお伝えしています。


【まとめ】

こうして振り返ってみると、「SNS」はPR担当・マーケターの皆さまの興味関心が非常に高いことがわかりました。消費者向けであっても、顧客向けであっても、コミュニケーションの接点が多様化している現代では、SNSをマーケティングやPRにうまく取り入れることは必須といえるかもしれません。

弊社ではメディアプロモートや発表会などのサポートはもちろん、インフルエンサーマーケティング、コンテンツマーケティングなど、幅広いご支援をさせていただいております。お悩みごとやお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

また、PR会社で働きながら広報やマーケティングのスキルを伸ばしたい、多様な情報に触れられる環境で企業のPR支援を行いたいという方も大歓迎です!ぜひご連絡ください。

ビルコムでは、今年も皆さまのマーケティング・PR活動のお役にたてるコンテンツを多数発信していく予定です。お楽しみに!



★直近公開した下記の記事2件も、各所から反響をいただきました。よろしければご覧ください!
1:2019年「平成最後の、バレンタイン」トレンドはどうなる?  ~2018年のバレンタインにおけるメディア露出を振り返ってみた~(2019年1月18日公開)

2:【検証】「すしざんまい」のPR効果を調べてみました ~3億円のマグロ落札は最高のPRコンテンツ?~(2019年1月8日公開)

※返信が必要なお問い合わせには1~2営業日以内に一次回答させていただきます。

お問い合わせ03-5413-2411/ soudan@bil.jp

受付時間:平日10:00~18:00